宮古島に行くならジェットスターで下地島空港へ!LCC万歳!!

皆さんは飛行機を乗る時にこだわりはありますか?

人によって重視するところが違うと思うので飛行機に乗る際のこだわりは様々だと思うのですが、価格重視の僕はLCC(Low Cost Carrier・格安航空会社)をよく利用します。

人気観光地、宮古島に行く時も格安航空会社であるジェットスターを利用するので、
今回は「LCCについて」「宮古島に行くならジェットスターで!」というテーマで書いていきたいと思います。

・LCCに乗ったことはないけど興味はある、、

・宮古島旅行になるべく安く行きたい、、

そのように考えている方は是非ご覧ください。
おすすめです。

※今回は東京(成田)→下地島空港(宮古島)をメインにご紹介していきます。

LCCとは


LCCとはローコストキャリアの略称で、大手航空会社に比べ運賃が大幅に安い航空会社の総称になります。

飛行機では安全に且つ快適に移動したいと思う人がほとんどだと思いますが、
その反面もう少し安ければ乗るのに、、、
このサービス必要ないのに、、

そんな声が上がってきている中で登場してきたのがLCCになります。

LCCの会社はたくさんあるのですが有名どころをまとめると、

国内→スカイマーク、ピーチ、バニラエア、ジェットスター、春秋空港日本

国際→上の4社の他に、エアアジア 、香港エクスプレス、セブパシフィック航空、エアプサン、、、etc


東京からだと羽田空港よりも成田国際空港から多く飛んでいるようです。

LCCの普及により航空会社の選択が増え、お仕事で飛行機での移動を選択する方や旅行に行かれる方も増えたのではないかと思います。

宮古島に直行便LCCが飛んでいる空港はどこ?

2020年9月現在、宮古島に発着しているLCC会社はジェットスターのみとなっています。

路線はこちら↓

・ジェットスター
東京(成田国際空港)⇄下地島空港(宮古島)
大阪(関西国際空港)⇄下地島空港(宮古島)

また、航空会社スカイマークが2020年10月25日から3路線就航することを発表しました。

・スカイマーク
羽田空港(東京)⇄下地島空港(宮古島)
神戸空港(兵庫)⇄下地島空港(宮古島)
那覇空港(沖縄)⇄下地島空港(宮古島)

LCC直行便が増えたことで、ますます宮古島への観光客が多くなりそうですね。

東京(成田国際空港)→下地島空港(宮古島)へ

価格が安いのが魅力的なLCC。しかしその反面デメリットも当然のようにあります。

成田空港から下地島空港行きの飛行機は早朝便しかありません。
僕が前回利用したジェットスターの離陸時間はAM07:30。

AM07:30

早いです。始発でギリギリ間に合う時間です。

ここがLCCの欠点。あまりいい時間帯にフライトがありません。

空港泊の方が都合がいいという方にとってはいいかもしれませんね。
成田国際空港で寝るスポットはいくつかあるようです。

https://aumo.jp/articles/19668

成田国際空港のLCCは第3ターミナルになります。電車の停車駅が無く第2ターミナルから歩くか無料のバスに乗ることになります。地味に遠いです。陸上トラックのような地面を歩きます。

チェックインを終えた後、預け荷物と機内持ち込み手荷物の重量を測ります。
ここでもLCCの欠点。オプションで追加しなければある程度の荷物を持っていく事ができません。当日に追加すると値段が高くなってしまうので事前にオプション追加しておきます。各航空会社で規定が違うのでしっかり調べていくといいと思います!! 

LCCの荷物重量検査は厳しいとの噂も聞くので事前にしっかり図ることをお勧めします。空港でスーツケースを広げて、「どれか捨てなきゃ、置いていかなきゃ」と作業をしている人もよく見るようになりました。
【国内LCC】『機内持込手荷物』サイズ・重量を7社で比較!どこまで無料?どこからNG?

荷物を預けた後はフライトの時間までゆっくりと過ごします。第3ターミナルは24時間営業のコンビニやフードコートなどもあるのでそれなりにゆっくりする事ができます。

しかしここで要注意なのが時間ギリギリになると搭乗をキッパリと締め切ってしまいます。容赦ないです。

普通に行動していれば大丈夫だろうと思う方もいると思うのですが僕もその1人でした。

ただしLCC、成田空港では検査を終えてから搭乗口までかなり遠いのです。
空港によってはバスに乗って搭乗口まで行くところもあります。

LCCを利用する際は時間に余裕を持って行動する事が大切です!!

飛行機に搭乗し初めてLCCを利用する方が感じることは、

席が狭い、、

LCCを利用する僕にとって席が狭いのはもう慣れっこです。

慣れてくると意外と広いんじゃないかとも感じます。機内サービスはやはり大手航空会社と比べると劣ります。

ただし別にそういうサービスが必要ないと感じている人にとっては全く気にならない部分です。

成田から宮古島までは約3時間程で到着します。

下地島空港到着風景

。。。

初めて利用する方は驚くかもしれませんがLCCはこのような場所で降りて歩く事が多いです。人によってはこの時間がワクワクする時間でもあるかもしれませんね!

下地島空港は宮古島(伊良部島)にできた第二の空港です。

あまり大きくはないのですが綺麗で個人的にはすごく好きな空港です。

LCCのメリットデメリット

ここまで僕が書いた記事を見て、

LCCを利用してもいい事あまりないような、、

そのように思った方もいると思います。
ただしやはり価格は魅力的。安いです。

今回自分が乗った飛行機も成田空港から下地島空港まで片道¥5,990円でした!!
しかも直行便!

この価格で宮古島に行けると考えると買いです。
しかもLCCでは定期的にセールをやっています。この前ジェットスターでも宮古まで888円という破格のセールをしていました。もちろん販売数は少なかったのですが買えたら最高ですよね。

この価格を考えてみれば、多少のデメリットも「しょうがないか」で済ます事ができます。

【LCCのメリット】
・安い
・セールでさらに安くなる
・汎用性の高さ

【LCCのデメリット】
・思わぬところで追加料金がかかる
・払い戻しは基本不可能
・遅延が多い
・フライト時間が悪かったりする
・客室サービスが手薄い
・シートが狭い

【LCCに向いている人(あくまでも個人の見解です)】
・一人旅
・とにかく安く移動したい
・サービスが充実していなくてもいい
・最低限のものが揃っていればいい
・荷物をあまり持たない
まとめ
下地島空港のロビー

飛行機の移動で何を重視するかによって選択肢は変わってくると思いますが、
利用したことがない方は一度利用してみることをオススメします。

僕自身、宮古島に行く際はジェットスターを利用し続けると思います。

LCC万歳!


宮古島へ行く際は、是非利用してみてください!!



1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。