【Peak Design】大人気、アンカーリンクスの耐久性は?2年間使用した感想

大人気、PeakDesiginのアンカーリンクス。

カメラ本体に取り付けることによって、カメラストラップの着脱が異常に便利になるグッズ。

便利過ぎて、僕はアンカー無しのカメラライフはもう無いと思います。

そんなアンカーリンクスですが誰もが気になるのがその耐久性

大切なカメラを預けているので、
切れて落ちてしまうと大変ですよね。

今回は、アンカーリンクスを2年間使用してみた感想と、その耐久性について解説します。

結論から述べると、2年使用しても壊れる(切れる)気配なし。安心の製品です。

2年間使用してみた感想

アンカーリンクスを2年間使用してきましたが冒頭でも述べた通り、カメラライフの中で放せないアイテムの一つです。

壊れたとしてもまたすぐに買い直すでしょう。逆に、アンカーリンクスがなかったら不便になるシーンがたくさんあります。

アンカーリンクスはこんな人に特におすすめです↓

写真と映像どちらも撮る人

・写真を撮る際にストラップが邪魔だと感じることがよくある人

写真だけを撮る人にとってはあまり使用しなくてもいいアイテムかもしれませんが、
あると便利だと個人的には思います。

より詳しく、アンカーリンクスについて解説している記事はこちら↓

写真と映像どちらも撮る人

近年、一眼レフやミラーレス一眼レフの機能が進化してきたこともあり、写真だけではなく映像も撮影する方が増えてきています。

僕もその1人で、今は映像と写真が6:5くらいの比率でお仕事をしています。

映像撮影ではジンバルのカメラを載せる際に、アンカーリンクスの恩恵を特に受けることができます。

カメラストラップをつけたまま、カメラをジンバルに載せることはまずありません。

そんな時にしっかりとニコン巻きがされたカメラだといちいち外すのに時間がかかりますが、アンカーリンクスであればワンタッチでカメラからストラップを外すことができます。

また、ジンバル撮影をしているときに首からぶら下げて手持ち撮影に切り替えたい際も、簡単に装着することができます。

写真を撮る際にストラップが邪魔だと感じることがよくある人

アンカーリンクスは映像撮影をする人だけが便利になるアイテムなんじゃないの?

と思っている方もいると思いますが、写真を撮影する際にストラップが邪魔だと感じたことがある人は多いと思います。

特に三脚を使用する時に、ストラップが邪魔だったりしてもアンカーリンクスを使用していれば、時間をかけずにストラップの取り外しができます。

また、カメラリュックや防湿庫の中にカメラを入れるときにストラップが邪魔だなぁ…って思った事ありませんか?

ストラップって予想以上に収納スペースを圧迫するんですよね。そんな時も外してスッキリしまうことができます。

また、カラーバリエーションもいくつか展開しているので、カメラが趣味の人のアクセサリーとして楽しむことがもきます。

2年間使用してみた消耗具合は?耐久性について

2年間使用しているアンカーリンクス

アンカーのひもが細いので使っているうちに切れてしまわないか不安に感じる人もいるかもしれませんが、アンカーリンクスはとにかく丈夫です。耐荷重はなんと90kg。

僕も2年間使用していますが、切れる気配がありません。

しかも僕は外や海での撮影が多いためアクティブに活動していますが、それでもまだまだ長持ちしそうです。

ひもがすり減ってきたら色が変わる注意書き

しかも、ひもがすり減ってきたら中から黄色や赤色のコードが見えてきて、ストラップの寿命がわかる仕組みです。

そのような気遣いも、PeakDesignは素敵だなと思いました。

磨耗してきたら新しいものに交換しましょう。紐だけの販売もしています。

カメラライフをより充実させる必須アイテム

アンカーリンクスは、PeakDesignのカメラストラップを購入しなくても自分の持っているカメラのストラップに装着できるのも良い点です。

価格は販売元によりますが、2500円〜3000円くらいなのでお財布にも優しいです。

カメラライフをより充実させるアイテム、まだお持ちではない方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。