実際に売れてるの?Adobe Stock (ストックフォト)を始めて1年目の売上公開!

2020年1月からストックフォト(写真やイラストを売るサイト)の一つであるAdobe Stockへの投稿をはじめました。

ストックフォトは実際に売れるのか?

始めてみようと思っている方の中にはそのように感じている方も多いと思います。

今回はストックフォトを始めて約1年が経過した僕の売上を公開するとともに、Adobe Stockをこれから始める方向けに解説をしていきます。

結論から言うと、1年目にしては思ってたより売れたと感じています。

そもそもAdobe Stock(ストックフォト)とは?

Adobe Stockは、あらゆるクリエイティブプロジェクトに利用できる高品質なロイヤリティフリーの写真、ビデオ、イラスト、ベクター、3D、テンプレート数千万点を厳選して、デザイナーや企業、教育機関、官公庁向けに提供するストックフォトサービスです。

Adobe Stockを利用する人は、買う側と売る側に分かれるのですが、
今回の記事は売る側の内容をお話ししていきます。

Adobe Stock内で素材を販売したい方は、サイトにてデータをアップロードした後、審査を受けてそれを通ることができれば販売が開始されます。

他のストックフォトサイトと比べて審査が厳しいとの意見も噂で聞いたことがありますが、僕も初めて審査に出した時に、たしかにそのように感じました。(僕はAdobe Stock以外にもPixtaなどでも販売しています)

僕は写真と映像を販売していて、風景写真をメインにAdobe Stockにアップロードしています。

審査に落とされるのは以下のような写真。

・技術的な問題 (センサーについたゴミが入っている・手振れ・ノイズなど)
・知的財産で保護されている物が写っている(公共施設・スカイツリーなど)

“これも落ちるのか”と思うような写真もあるので、Adobe Stockの審査は厳しい気がします。

しかし、厳しい反面、しっかりと一つ一つを見てくれているということなので販売が開始されているものは高品質な物が揃っているということになりますね。さすが世界のAdobeさんです。

始めてから1年間の売り上げは?

Adobe Stockでの2020年3月から12月までの一年間の売り上げは¥9,475円、ダウンロード数は28でした。上のチャートは約1年の売り上げの傾向です。

少ない?多い?

これを見て感じることは、人それぞれだと思いますが僕は思っていたよりも売れたなと思いました。

ストックフォト経験者ならわかると思いますがたくさんアップロードしてからもストックフォトというのはなかなか売れません。

現に僕も3月にAdobe Stockを開始してから初めて売れたのは9月です。

これは個人差があると思いますが、Adobe Stockでは最初にすぐ何枚か売れたりするとの噂も聞いたことがあったので、僕は時間がかかっていたのかなと思います。

しかし、他のストックフォトを経験して難しさを感じていた僕は、1年目はほぼ売れないと思っていたので¥9,475円の売り上げは大きく感じました。

単価が高いAdobe Stock

なぜ、これだけの売り上げが出せたのか?

他のストックフォトサイトと比べて大きな違いは単価の違いです。

しかも、ずいぶんと高いです。
初めて売れた時には驚きました。

Adobe Stockは買い取ってくれる人の購入方法によって報酬金額が違います。

最低報酬額は30円ですが、 それでもストックフォトの中では高い方です。
僕の場合は50円~148円で売れることがほとんどでした。

動画が高く売れる

1番驚いたのは動画の報酬額です。上の映像はなんと¥3,910円で売れていました。

動画は、画質と長さによって値段が変わってくるみたいなのですが、この映像はドローンで撮影した4K画質、13秒の動画です。

4Kで撮影しアップロードしたものなのですが、購入者側は4KとFullHDを選択できるようでFullHDで売れていました。

FullHDでこの報酬額がもらえるならば4Kで売れていればもっと高い報酬額が見込めるということになります。

13秒でこれだけの報酬額になるのは驚きました。8Kなどで撮影してアップロードしたらもっと高く売れそうなので今度試してみたいと思います。Adobe Stockでの動画販売オススメです!

2021年に入ってからの売り上げ

2021年に入り2年目を迎えたのですが、2020年の努力が実り始めて順調に売れ行きが伸びてきました。

2021年1月から5月中旬(この記事を書いている)までのダウンロード数は34件、¥8,529円の報酬額が発生しています

2020年は1年間を通して、9,475円だったので約半年で大体同じ報酬額になったことになります。

売り上げが伸びるとさらにやる気も出てきました。

1年目はとにかく数を増やしたかったので、とにかくたくさんアップロードしていましたが、2年目はもっと質にこだわって、写真や動画をアップロードしてみようと思っています。

Adobe Stock始めるべき?

この記事をみてくださっている方は、Adobeストックを始めてみようかなと悩んでいる方が多いと思いますが、素材をアップロードするだけで始めることができるのでやってみるべきだと思います。

趣味で撮影した写真が販売されて売れるというのはとても嬉しいことです。

また、ストックフォトをするのであればAdobeは外せないと思います。

市場が大きいのと、 Adobe 製品が広く使われているので素材を使うAdobeユーザーが多いというのが理由です。
他のストックフォトも色々試しましたが僕はAdobe Stockにこれからも力を入れていきます。

僕もまだまだですが、参考までに僕のAdobe Stockのサイトはこちらからみることができるのでよかったらご覧ください。