【宮古島穴場】現地在住の人しか知らない!?本当は教えたくない宮古島のプライベートビーチをご紹介

人気観光地、宮古島。

美しい海が人気のこの島には、東洋一美しいと称賛される「与那覇前浜ビーチ」や、「渡口の浜」など人気のビーチが点在しています。繁忙期でも本土の海水浴のように、ビーチに人が密集することがあまりないのも宮古島のビーチの良いところです。

しかし、せっかくリゾートに来たなら誰もいないプライベートビーチでのんびり過ごしてみたいと思ったことはありませんか?!

宮古島ではそれが叶う場所があります!

今回は宮古島在住の僕が、本当は教えたくない宮古島のプライベートビーチをご紹介します。

現地に住んでいる人でも知っている人は少ない穴場スポットのご紹介です。

宮古島で訪れたいプライベートビーチ

ムスヌン浜・岩間に囲まれたプラーベートビーチ

宮古島から車で行くことのできる離島、来間島に今回ご紹介するプライベートビーチがあります。

宮古島市街地からは車で約30分程。

場所はムスヌン浜の隣にあるビーチになります。

そのためまずはムスヌン浜を目指して、
車を走らせましょう!

潮が引いている時にしか行くことができない

ムスヌン浜

ムスヌン浜の駐車場に到着すると、右手にビーチがあります。

そこも人が少なく落ち着いているビーチなのでのんびりとするには最適な場所ですが、今回ご紹介するビーチはそのビーチのさらに少し奥になります。

しかし、プライベートビーチに行くには一つ条件があります。

それが潮が引いていること


潮が満ちているときは行くことができないので、その日の干潮時刻を調べてから訪れるようにして下さい。

干潮時刻の1時間前に訪れるのがおすすめです!

干潮時刻の調べ方は以下の記事でご紹介しています↓

プライベートビーチからの景色はこんな感じです!

岩に囲まれているため知っている人しか行かない場所です。

ムスヌン浜・岩間に囲まれたプライベートビーチ

上から撮影した写真を見ると場所がわかりやすいです。

ムスヌン浜から、潮が引いた状態の海の中を歩いてプライベートビーチに到着します。

左手に見える小さなビーチがムスヌン浜。右手がプライベートビーチ
奥に見えるのがムスヌン浜。手前がプライベートビーチ

注意:帰る時間は決めてから訪れて!

この場所で注意が必要なことが一点あります。

それが潮が満ちてくると帰れなくなること。


潮が引いている時間にビーチに辿り着くことができても、長時間その場所にいることはできません。

少しでも満ちてきてると感じたらすぐに戻りましょう。

この場所でうっかり長時間寝てしまうと、いつの間にか波がそこまで来ていて帰れなくなる可能性も出てきます。

長時間の滞在は控えて、帰る時間をしっかりと決めてから訪れてください!

時間を忘れてプライベートビーチでのんびり過ごそう!

砂浜に寝っ転がって見上げる青空

誰も人が来ないビーチで波の音を聞きながら寝っ転がるのは最高の時間です。
僕は何回かこの場所に行っていますが、人と遭遇したことはほとんどありません。

宮古島、来間島に訪れた際はぜひ訪れてみてください!

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。