【Apple】これをつけていれば物を無くしても安心!便利なAirTag(エアタグ)をご紹介

皆さんは今までに大切な物を紛失したことはありますか?

これまでに、結局見つかったけど鍵や財布などの大切なものが見当たらなくて困った……
という経験をされた方は多いのではないでしょうか。

Airtagはそんな不安を解消してくれるアイテムです。

今回はAirtagの使い方や性能についてご紹介していきます。

いつか物を無くした局面が訪れた際、「買っといてよかった」と思えるアイテムのご紹介です。

Airtagとは?

AirTag(エアタグ)とは2021年4月にAppleから発売された商品で、カバンや財布、鍵などの大切なものに付けておくと紛失したときに見つけられる紛失防止タグです。

紛失防止タグとは、物に付けておくとスマートフォンを利用して、その付けた物の現在位置がわかる商品です。

大きさは500円玉と同じくらいでとても軽いので、持ち運びの邪魔になることはありません。

アップルのマークが中心に描かれていて、デザインもシンプルでGood!

AirTagにはストラップを通せるような穴が空いていないので、鍵やカバンにつけて利用したいときは別売りのストラップやキーリングを購入する必要があります。

純正からサイドパーティーまで豊富なラインナップが用意されているためAirtagを持ち歩く楽しみも増えます。

Apple純正のキーリング↓

サイドパーティキーリング↓

使い方はシンプルで簡単!iphoneを持っていればOK

AirTagを購入後、本体の絶縁フィルムを剥がしてiPhoneやiPadなどの接続したいデバイスに近づけるだけでペアリングされます。

Apple純正のアクセサリーは手軽な初期設定でさすがだなと感じました。短時間で設定が完了します。

後は、鍵や財布などにつけて持ち歩くだけ。

Airtagの使用方法で難しいことは
何一つありません。

セキュリティ対策もバッチリ

AirTagは位置情報を持ち主に伝えることに特化した便利なガジェットです。

その反面、無くした時にAirtagを使用して悪用されないか心配な方もいると思いますがAirtagはセキュリティ対策もバッチリです。

設定されたAirtagを初期化するには認証したiPhone本体が必要で、基本的に持ち主以外は使用できないようになっています。

拾った人は初期化することができないので、持ち去ってしまう心配も無用ですね。

バッテリーは長持ち、耐水性も

バッテリーの持ちは、通常使用であれば1年以上持つ仕様になっています。交換時期はiPhoneが教えてくれ、交換する電池もコンビニでも売っているようなCR2032型のコイン電池なので手に入れやすいです。

さらに、IP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)の耐水性能を有するため、日常使いで雨や濡れたなどで壊れる心配もありません。頑丈なAirtag最強です。

日常の不安を無くす便利アイテム

僕は4個入りパッケージを購入し、財布や車の鍵、自宅のキーケース、予備に割り当てているのですが、実際にAirtagを使用し始めてから、絶大な安心感を覚えています。

「無くしてもAirtagがついている」

大袈裟ではあるかもしれませんが、無くしたらどうしようというマインドから、無くしてもAirtagが付いているから大丈夫だ!

というマインドに変わりました。

Airatagは心の保険といっても良いでしょう。

よく物を無くす方や、絶対に無くせない大切なものがある方はAirtagの使用をおすすめします。