レビュー|嵐田大志(著)「カメラじゃなく、写真の話をしよう」をプロカメラマンが読んでみた感想

ずっと気になっていた嵐田大志さんが書かれた本カメラじゃなく、写真の話をしようを購入しました。

読み終えた感想としては、とても面白くて大変満足です。

嵐田さんの写真も多く掲載されていて、写真集としての魅力も満載。

読みやすく、淡々としているようで、実は優しく語りかけてくれる文章は、本書を読むことを飽きさせません。

素敵な本だったので簡単にではありますが、ご紹介したいと思います!

写真の楽しさ、大切なことを思い出させてくれる一冊

カメラ撮影を趣味にする人は、次々に機材の購入や「カメラの〇〇の教科書」といった本を買ったりするのではないかと思います。

そのような本も良いですが、この本をぜひ読んでみてほしいです。

カメラを仕事にしている僕は、写真を撮ったり次に買うカメラや機材を考えながらモヤモヤと考えることがよくあります。

写真を撮っていて「何か違う」と思うことは誰にでもあるでしょう。
そんな時に出会ったのがこの本です。

この本を読み終えた僕は、何かスッキリして写真に対する意識が良い方向へ変化しました。

「そもそも写真って何だろう」
「写真を撮る意義ってなんだろう」

それを改めて教えてくれます。
プロカメラマンとして写真が好きな人間として、この本を読んで良かったと心の底から思います。

皆さんに読んでいただきたいので、
ここで内容については深くお話ししません。

写真が趣味の人、仕事にしている人どちらにもおすすめ

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

嵐田大志 | Taishi Arashida(@taishi_arashida)がシェアした投稿

僕の感想をまとめると、写真に対して改めて深く考える機会を与えてくれた本でした。
この本を読んで何を撮って何を撮らないのかを明確にし、他人とは比べずに自分自身が撮りたいものを撮り続けたいと思いました。

写真に興味をもち、カメラを買うかどうか悩んでいる人

写真歴は長いけど最近自分の撮る写真が好きじゃない人

に、ぜひ読んでもらいたい一冊。

特にカメラを初めて2年くらい経ち、写真が上達してきた中級者くらいの方にはぜひ読んでいただきたい。

何より、僕はこの本のタイトルが好きです。嵐田さん、ありがとうございました。

Amazon、楽天より購入される方はこちら(Kindle版・電子書籍も有)↓