【栃木県の注目観光地】散歩が楽しい!那須塩原にある黒磯駅に行こう!おすすめのお店をご紹介

栃木県の人気観光地、那須塩原。
那須塩原と聞くと、南ヶ丘牧場那須ハイランドパークなどの定番スポットや、自然豊かで森に囲まれた別荘やコテージが多いエリアとしてのイメージが強いと思います。

そんな那須塩原には、知るひとぞ知るおしゃれな街があります。
それが黒磯駅周辺の地域です。有名なカフェや雑貨屋さん、洋服屋さんなどが点在し、雑誌などでも度々取り上げられる魅力の多い街です。

古くから続くお店も多く、レトロな街並みを散策するのはとても楽しいです。
今回は、那須塩原の黒磯駅周辺についてご紹介していきます。

黒磯駅

もともと那須塩原市南部の町域だった黒磯は、2005年に黒磯市、塩原町と合体して那須塩原市になりました。黒磯駅はJR東日本、東北本線の駅です。黒磯駅周辺は明治、大正期から建っている石造りの建造物が点在する風情ある街並みで、最近ではこのような建物をリノベーションしたカフェなどが立ち並び、那須エリアの観光拠点として人気を集めています。

駅を降りると、おしゃれで素敵空間が広がる「那須塩原市図書館みるる」がお出迎えしてくれます。

おしゃれな街並み

黒磯駅から約10分ほど歩くと、おしゃれなカフェや雑貨店が立ち並ぶ通りに行くことができます。
この周辺には車を停める場所もあるので車で行くのもOK!(少ししか停められません)

1988 CAFE SHOZO(カフェショウゾウ)

1988 CAFE SHOZO(カフェショウゾウ)は地元民だけでなく、わざわざ他県からもこのカフェを目的に黒磯を訪れる方もいるほどの人気のお店。店内は落ち着いた空間で、ひと休憩するのにピッタリな場所です。ケーキやスコーンなどのメニューも充実しています。テイクアウトもOK。

期間限定のケーキも季節ごとに販売されているようなので、ぜひチェックしてみてください。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NASU SHOZO CAFE(@shozonasu)がシェアした投稿

おいしい・たのしい・があつまるChus(チャウス)

黒磯駅から徒歩約10分。先程ご紹介した1988 CAFE SHOZOの近くにあるChus(チャウス)は、旅人が集まるゲストハウス。youtubeには黒磯の街並みとChusの雰囲気が伝わる動画がupされています。



1階は朝市を日常的に楽しめる「MARCHE(直売所)」と、その食材を使った料理を楽しめる「TABLE(ダイニング)」があり、誰でも利用することができます。

那須のフレッシュでおいしいものが買えるとあって、観光の方も、地元の方もたくさん訪れるお店。

お店の中も開放的でとてもおしゃれな空間が広がっています。

また、Chusは黒磯の町の中心にあるので、この場所を拠点に黒磯の町散策ができます。
一まずChusに行って黒磯散策をスタートするのがおすすめ!

黒磯に来たならこれを!「バターのいとこ」

スイーツ好きの話題になった那須の新銘菓「バターのいとこ」もこのChusで購入することができます。その場で食べるのもいいですし、お土産として買って帰ることもできます。

那須には愛情込めておいしい牛乳を作り出している酪農家さんたちがいます。
その地元で採れたおいしい牛乳から作った良質なバターで、世の食卓をより豊かなものにしたいという想いからバターのいとこは生まれました。

「ふわっ、シャリッ、とろっ」とした食べるごとに変わって行く食感が、新感覚でとても美味しいです。

「バターのいとこ」公式ホームページ→https://butternoitoko.com/

お気に入りのお店を見つけよう!

今回ご紹介したのは、黒磯駅周辺の魅力の一部にしかすぎません。カフェや雑貨屋さん、パン屋さんなどお店の種類も様々。自分だけのお気に入りのお店を探しながら散策するのがとても楽しい街です。

「なんかおもしろいな〜」「なんか好きだな〜」がたっぷりの黒磯に、ぜひ訪れてみてください。