人気のスカイマークってどんな航空会社?サービスや荷物制限などを解説していきます。

飛行機を予約する際に、色々なところで目にする「スカイマーク」の文字。
安価で利用できる航空会社といったイメージが強いですが、人気の理由は他にもたくさんあります。

スカイマークはどのような航空会社なのか、LCC・ANA・JALとの違いやサービスや荷物制限などについて今回は解説していきます。

・スカイマークが気になっていたけどまだ乗ったことがない
・近々スカイマークに乗る予定がある
・旅行が好き

このような方は是非ご覧ください。

スカイマーク

スカイマーク株式会社Skymark Airlines Inc.)は現在は、日本の航空会社。
全日空(ANA)、日本航空(JAL)に次いで国内第3位の規模を誇ります。

日本人に馴染みがある航空会社となっていて、利用者したことがある方も比較的多いと思います。

日本の航空会社の主要なものとしてはANAとJALを思い浮かべる方が多いです。
スカイマークについて聞かれると、「LCC(格安航空会社)でしょ」という声もよく耳にしますが、
立ち位置としてはANAやJALなどの航空会社とLCCなどの格安航空会社の中間的存在となっています。

スカイマークはLCCではありません。

ANAやJALほど料金はかけられないという方で、
LCCでの移動はちょっと嫌」という方に利用されていることが多いです。

ANA・JAL・LCCとの違いは?

スカイマークとJAL、ANAを比較した時の大きな違いは、価格です。
飛行機内で快適に過ごせるのに価格はLCCのように価格がリーズナブルです。

安く乗れるなら仕方ないと諦めがちなシートの狭さ。
スカイマークなら、ANAやJALと同じ広さの座席で快適な移動時間を過ごすことができます。

LCCとの違いはスカイマークも価格がリーズナブルなのに対して、
受けられるサービスが充実しているという点があります。

LCCではオプションで付けなければいけないようなサービスでも、
スカイマークではANAやJALのように標準プランでついています。

特徴について詳しくは公式ホームページをご覧ください→ https://www.skymark.co.jp/ja/

荷物制限について

飛行機を利用する際に気になるのが「荷物」。
機内に持ち込める荷物には制限があるため、しっかりと飛行機に乗る前に準備しなければいけません。

スカイマークの受託手荷物サービスは、50×60×120cm以内の大きさであれば、20kgまで個数制限なく預けることが可能です。プラン変更や追加料金が発生するLCCに対し、標準プランでも無料で利用できる点は非常に大きな魅力です。機内持ち込みの荷物は10kgまで無料で、その他に身の回りの品1つを持ち込むことが可能です。

お預け荷物の制限は以下の通り。

・重さ:合計20kgまで
・サイズ:1個につき50cm×60cm×120cmまでは無料
・個数に制限無し

機内持ち込み可能な手荷物は以下の通り。

・重さ:合計重量10kg以内で、身の回り品(ハンドバック・カメラ・傘など)に加え、下記の手荷物が持ち込み可能。
・サイズ:55×40×25cm、3辺の合計が115cm以内
・個数:1個

荷物制限について詳しくはこちら→https://faq.skymark.co.jp/app/answers/list/c/373

賢く有意義な旅を


スカイマークは全国で就航しています。就航路線もどんどん拡大していて、
2020年10月には「羽田ー宮古島」「神戸ー宮古島」「那覇ー宮古島」も新規就航しました。

スカイマークは、ANAやJALのような良さを残しつつ、LCCのようにリーズナブルな料金で利用することができる航空会社です。
賢くお得な便を予約して、少しでも有意義に旅を楽しみましょう!