【沖縄観光】12月の宮古島はまだ泳げる?天気・服装・冬の過ごし方を解説します

沖縄本島のさらに南に位置する宮古島。12月でも気温が高くの夏日の日があります。

クリスマスや大晦日も半袖で過ごす方も少なくはありません。

今回は宮古島の12月の天気や・服装・過ごし方について解説していきます。

気温・天候について

伊良部島(宮古島)・イグアナ岩からの眺める青の絶景・12月撮影

12月上旬は割と暖かい日が多く半袖で過ごせる日もありますが、中旬以降になると長袖を着ていないと肌寒いくらいの気温です。

北風も吹き始めて結構寒く感じるため風を通さない薄手のコートやジャケットを用意しておきましょう。朝晩はかなり冷え込む日もあるので厚手の上着も持っておくと安心です。

サンダルや短パンなどで過ごすことはできますが、長ズボンにスニーカーなどがおすすめ。

長ズボンに半袖か長袖のTシャツを着て、寒いと感じたら薄手のパーカーやジャケットを羽織るようなスタイルが1番良いと思います。

例年、12月は雨が少なく天気に関しては心配が少ない季節といえるのですが、2020年の12月はずっと天気が悪かったです。

島は天気が読めないので、雨の対策もしっかりしておくと安心です。

海で泳げるの?

宮古島・絶景ドライブを楽しめる伊良部大橋

冬の宮古島についてよく聞かれるのが「まだ海に入れるのか?」

12月の宮古島の海には入ることはできるけど、水着で入ることはおすすめしません。

12月の海水温はおよそ24〜27度くらいと暖かいのは事実なのですが、海から出た時がとても寒いため水着1枚で海水浴をしている人は見かけません。

しかし、12月でもウェットスーツを着てのマリンアクティビティは問題なくできますしツアーも開催されています。

海で存分に楽しみたい方はマリンツアーに参加してを楽しむのがよいでしょう。

宮古島(伊良部島)のおすすめツアーガイドbonitoさん

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊良部島ガイドBonito(ボニート)(@irabujima.bonito)がシェアした投稿

12月に宮古島に訪れるメリット

伊良部島の風景(12月撮影)

12月の宮古島は海に入れないのなら魅力は少ないのか。

そんなことはありません。

そもそも本州は冬真っ只中なのに対し、半袖で過ごせる日があるくらい温暖な宮古島の気候自体がとても魅力的です。

おしゃれなカフェが沢山ありますし、「冬の宮古島の海が一番きれい」いうコアなダイバーもいるくらい冬の海の透明度は抜群なので絶景を見にドライブしに行くのもいいですよね。

人が少なく、のんびりできる

伊良部島にある17END(12月撮影)

冬はOFFシーズンになるため、観光客の方も少なくなります。

夏に来た時には混んでいて行けなかった人気スポットも、12月には空いていることも!

暑さを気にせず、ゆったりと楽しみたい方にはおすすめのシーズンなのではないでしょうか?

旅費を抑えられる

OFFシーズンということは旅費の面でも12月は比較的安く、ハイシーズンよりもいい食事・いいホテルを利用しやすくなります。

宮古島には1棟貸しのヴィラ・コテージやプライベートプールがついたラグジュアリーホテルがたくさんあります。

1年間頑張った自分へのご褒美にそういった所に宿泊して、のんびりとしたホテルステイを過ごすのも良いでしょう。

※年末年始の時期は飛行機・ホテルは高くなります



絶景・綺麗な宮古ブルーを楽しもう!

伊良部島17ENDの絶景(12月撮影)

12月の宮古島は海には入れなくても、それ以外にも楽しめることが沢山あります。

また、「うえのドイツ村」では毎年イルミネーションを開催しているため立ち寄ってみるのも良いでしょう。

夏のような強い日差しを気にせず快適に観光したい方、本土の寒さから解放されたい方は12月の宮古島はおすすめの季節です!