【写真付】スカイツリーと河津桜を楽しめる東武橋!見頃やおすすめの写真の撮り方をご紹介します

東京スカイツリータウンのすぐ側にある東武橋には、綺麗に咲く河津桜が植えられています。

2月中旬頃になるとピンクの花を咲かせスカイツリーと一緒に記念撮影をする観光客で賑わいます。

ここの桜は、東京近辺の中では比較的早咲きの桜なので、気づいた時には終わっていた。。。
なんて経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は東武橋の様子を写真でお伝えするとともに、見頃やアクセス方法、おすすめの写真の撮り方などについてもご紹介していきます。

春を先取りしたい方におすすめのスポットです🌸

東武橋

東武橋から見る、東京スカイツリー×河津桜

東武橋は、東武スカイツリーラインの“とうきょうスカイツリー駅”を出てすぐの十間川に架かる橋で、スカイツリーを大迫力で見ることができるスポットです。早咲き桜(河津桜)が植えられており、一足早く春を満喫できます。

アクセス

東武橋はアクセスしやすい場所にあり、”とうきょうスカイツリー駅”を降りればすぐに見つけることが出来ます。春の桜シーズンには人が多く集まっていることが多いので、早朝などの人が少ない時間がオススメです。

・東武伊勢崎線の「とうきょうスカイツリー駅」1番出口から歩いて約1分

・都営浅草線の「押上駅」から歩いて約3分

・東京メトロ半蔵門線の「押上駅」から歩いて約3分

開花時期・見頃

東武橋の河津桜の見頃は、例年2月中旬から3月上旬頃。

ネットで見頃を調べるのもいいですが、実際に見に行かれた方が写真などをアップしているツイッターやインスタグラムなどのSNSで確認することをおすすめします。

春のシーズン中は、#東武橋 で調べればリアルタイムで開花状況がわかります。

毎年早い時期に咲いているので、見逃さないように注意が必要です!

東京スカイツリー×河津桜

実はこの風景、少し前までは隠れた人気スポットでした。
すっかり人気スポットになった現在日本人だけではなく、外国人にも人気のある場所です。

しかし残念なことにお花見が出来るようなスポットではありません。
写真を撮影して楽しむ方が多い場所なので、今回はおすすめの写真の撮り方をご紹介していきます!

①桜の木に近づいて下から撮ってみる

桜の木に近づき、スカイツリーの方を見上げるとこのようにダイナミックな写真を撮ることができます。まさに、桜の木からスカイツリーが生えてきているような構図になります!

カメラで撮影される方は、広角レンズを用意すると良いでしょう。

②桜の木の間からスカイツリーを狙ってみる

桜の隙間から、スカイツリーを狙うとこのような写真を撮ることができます。
この場所が有名になったのは、この構図がSNSで話題になったからと言っても過言ではありません。この写真を撮影したくてこの場所に訪れる方も多いと思います。

ちなみに、上の写真は2月中旬ごろの7分咲きの頃にに撮影した写真で、まだ少し咲いていない部分もあるのですが、満開の時にはもっと綺麗な桜のトンネルとスカイツリーのコラボを撮影することができます。

カメラで撮影される方は、単焦点レンズを用意すると良いでしょう。

③橋の反対側から撮影してみる


スカイツリーは関係なくなってしまうのですが、桜の木がある反対側から撮影してみるのもおすすめです。

「なんか、いい。。。」
と思えるような写真で、僕は個人的に好きな構図です。

写真を撮影するときは視点を変えて撮影してみることも大切ですよね。

東京スカイツリーのすぐ側で桜を楽しもう

今回は、”スカイツリー×桜”の写真の撮り方を中心にご紹介しましたが、
桜はもちろん、観に行くだけでも楽しむことができます。

すぐ側にはスカイツリータウンがあるので買い物のついでに、
大切な人と春を楽しみに、訪れてみるのはいかがでしょうか。