【SONY】40mmって使いやすいの?カールツァイスBatis 2/40 CF作例付きレビュー

40mmf2batis

SONYのEマウントを利用している人は一度は興味を持ったことがあるだろうカールツァイスのレンズ

選びに選んで僕はBatis40mm f2.0(Batis 2/40 CF)を持っています。

Batis 2/40 CFは点距離40mmの標準単焦点レンズで、絞り値はF2と明るいレンズです。

今回はこのレンズを作例付きでレビュー紹介していきたいと思います。

購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

40mmって実際どうなの?

batis40

Batis40mm f2.0を購入する時に、悩むのがこの部分。40mmという焦点距離のレンズは少ないので未知の領域の方が多いのではないでしょうか。

50mmと35mmの単焦点レンズは多いのですが、その間の40mmとなると想像するのも少し難しいですよね。

tacos
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

僕は50mmの単焦点が好きでそれに近いものかなと思っていたのですが、40mmを使用してみたら結構違いました。

近い焦点距離ということには変わりませんが50mmとは全く別物という認識をはじめにしておいた方が良いです。

50mmと悩んでBatis 40mmを買って、50mmにすればよかったと思う人もきっといるはずです。

筑波山の写真
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

実際に初めて触った時に50mmが好きな僕は「ちょっと画角が広くてイメージと違ったな」というマイナスなイメージを持ったのが正直な意見です。

しかし、使い込んでいくうちにこのレンズの魅力にどっぷりとハマりどんどん好きになっていきました。

歪みのない標準広角域

犬
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

一般的に写真の歪みがなくなるのは50mm以降の焦点距離と言われることが多いですが、40mmはギリギリ大丈夫かなという印象を受けます。ポートレート撮影にも十分使用できるレンズと感じます。

ただし全く歪みが出ないわけではないので、本格的にポートレート撮影などをされる方は85mmや135mmの焦点距離がおすすめです。

SONYユーザーであればコスパが良く写りも良い、神レンズと呼ばれるSonnar T* FE 55mm F1.8 ZAもいいですね。

Batis40mmは、

「50mmだと画角がちょっと狭く感じるからもう少し広い画角が欲しい!」

「35mmだと画角がちょっと広く感じるから
もう少し狭い画角が欲しい!」

こんな願いを叶えてくれるレンズだと思います。

軽い・小さい

a74

このレンズの魅力の一つに小型で軽量というポイントがあります。

重さは361gで気軽に外に持っていけるサイズ感なのでおでかけや旅行に出かける際にも相性抜群のレンズです。

MOLKKY
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

他のレンズだとの600~900gくらいの重さがあるものも多いので、持ち比べてみると断然軽い。

実際に使ってみると本当に軽くて、撮っている時に重さの面でストレスを感じることはないでしょう。

マクロレンズ並みに寄れる

ハイビスカス
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

Batis 40mm CFは名前の通りクローズアップ撮影にも優れたレンズです。

最短撮影距離は0.24 m

マクロレンズを所有していない方はこのレンズを持っていればそれなりの寄りの絵を撮ることができます。

塩胡椒
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

SONYの人気のマクロレンズにFE 90mm F2.8 Macro G OSSがありますが、このレンズの最短撮影距離は0.28mmです。

ワーキングディスタンス的にもクローズアップ撮影の撮れる写真の質においては90mmのマクロレンズに軍配が上がると思いますが、Batis 40mmがこれだけ寄れるのはとても嬉しいポイントです。

被写体に最接近して接写。

また新しい世界が見えてきますね。

コントラストが綺麗

家の壁
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

カールツァイスのレンズはコントラストが綺麗という特徴があるのですが、Batis 40mmもコントラストが非常に綺麗です。

ツァイスのレンズを使用すると、なんとなく「アート」な絵が撮れるので不思議ですよね。

SONY純正のGレンズやGMレンズと比べても写りは全く別物です。

ファミリーマート
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

その魅力と裏腹にたまにコントラストが強すぎると感じる時もあるのですが、このレンズの特性に合わせて撮影するのも楽しいものです。

コントラストが上がり気味のコッテリした写りが苦手な人はツァイスのレンズは相性が良くないかもしれません。

たまに広いと感じる

路地裏
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

冒頭でも少し触れたように、僕は個人的に50mmの画角が好きです。

そのため40mmを使用しているとやっぱり少し広いなと思う時があります。

これが絶妙でこのレンズの難しい部分なのかもしれません。

筑波山駐車場
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

しかし、広く撮れるという点をメリットとして捉え割り切れば自然と目も馴染んできます。

今や所有している50mmよりも使用頻度は多くなっています。

本格使用からおでかけにも最適

コーヒ
SONY α7Ⅳ × Batis40mm f2.0

40mmの画角とこの描写の特徴が嫌いじゃなければ、とにかく使いやすく優秀なレンズであることは間違い無いと思います。

・パッと撮っていい写真が撮りたい

・人物・風景・スナップ・テーブルフォト、なんでも撮りやすい万能な単焦点レンズを探していた

・コントラストが綺麗な描写が好き

・寄れるレンズを探している

Batis 40mmはこんな方におすすめのレンズです。僕はブライダル撮影やプライベートのおでかけ用に使用する機会が多いです。

値段が少し高いと感じている方も多いと思いますがそれ以上の価値はあるのではないでしょうか。