【地方移住】沖縄県宮古島に移住してみた体験談。地方移住へ移住するメリット、デメリットを解説します

「宮古島移住(島移住)って実際どうなの?」

「地方移住ってどんな感じ」

「不便ではないの?」

宮古島に移住した経験がある僕はこのような質問を多く受けます。

結論から述べると、移住してよかったです。
仕事の関係もありプチ移住になってしまったのですが、間違いなく行ってよかった。
現在は地元に戻ってきていますが、タイミングをみてまた移住することを視野に入れています。

しかし、地方移住にはやっぱりデメリットもあります。
生活の変化に、僕も大変な思いをしました。

今回は僕の体験談を元に、宮古島移住について解説していきます。

宮古島移住(離島移住)や地方移住を考えている方の参考になればと思います。

なぜ移住したの?


まずは移住した時の僕のことを簡単にご紹介します。

・千葉県在住(ほぼ東京)
・24歳
・フリーランス
・Photographer|videographer
・自然が大好き・アクティブ・旅行が好き
・出会いが好き

なぜ、僕のスペックをご紹介したかというと、
移住してよかったと思えるか失敗したと思うかは「人による」からです。

僕はフリーランスカメラマンとして活動しているため、場所を選ばない働き方ができます。会社員だったら簡単に移住はできないと思いますし、していなかったと思います。

また、24歳で家庭を持っているわけではないので、簡単に動ける状態でした
これが家族を持っている方や30歳〜の人からするとまた違った話になってきます。

もともと旅行が大好きで、バックパックで海外に1人で行くような人間です。
自然が豊かで海が綺麗な宮古島に移住したのはそのためです。

今回の記事はこんなスペックの人が書いている記事なんだということを理解しながら、読み進めていただければと思います。

宮古島に移住して良かった点

宮古島に隣接する伊良部島のイグアナ岩からの景色

宮古島に移住して良かった点はたくさんあります。
何より、最高の人生経験になりました。

宮古島に移住して良かった点はこちら↓

・人が優しい
・ストレスフリー
・海が沖縄トップクラスに綺麗で自然豊か
・特に不便がない
・友人が遊びに来てくれる

人が優しい

宮古島の人はとにかく優しいです。東京で過ごしていた僕は地元の人に「ここは人が住む場所だよ」と言われた時には間違いないと思いました。

また、GIVEの精神(他人に何かを与える)が物凄いです。
島に来てまもない時に、見ず知らずの僕に美味しいマンゴーをたくさん分けてくれたり、何か困ったことがあるとすぐに助けてくれます。

宮古島は本土と比べると平均年収が劣ります。それでも宮古島に住んでいる人たちの方が幸福度が高いんだろうと感じました。

ストレスフリー

満員電車、渋滞、人混み、都内の人が悩むこの部分は宮古島にはそもそもありません。
自然がそばにある環境で生きる生活は開放的で最高です。

海が沖縄トップクラスに綺麗で自然豊か

宮古島は自然豊かで海がとにかく綺麗です。
その綺麗さは沖縄の中でもトップクラス。宮古島に行った後に沖縄本島に行くと、海が綺麗じゃないと感じてしまうほど綺麗です。

この海がそばにあると、何か嫌なことがあったときや悩んでいるときに心を晴れやかにしてくれます
海にウェットスーツ無しで入れる期間も、4月〜暖かければ12月までなので海が好きな人には最高の環境です。

特に不便がない

よく質問されるのがこの質問ですが、僕個人としては大きな不便を感じませんでした。
宮古島は島といえども、それなりに飲食店やコンビニ、お店が揃っています。

宮古島にある本土で有名なお店↓

・ドンキ・ホーテ
・マックスバリュー
・しまむら
・マクドナルド
・吉野家
・天下一品
・大戸屋
・ケンタッキーフライドチキン
・サーティーワン
・ジョイフル
・ほっともっと
・モスバーガー
・ピザーラ
・ブルーシールアイスクリーム(沖縄のお店)
・A&W(沖縄のお店)

のんびり離島生活を送りたい人は、内地(日本本土)と変わらなくて残念と思われるかもしれません。
初めて宮古島に訪れたときは「離島のイメージが違った」と思いました。

僕個人としては、ユニクロや無印良店、スシロー、丸亀製麺あたりが進出してくれたもっと良いなと思っています。

友人が遊びに来てくれる

観光地ということもあり、友人が遊びに来てくれます。
それがすごく嬉しくて新鮮で楽しいです。

宮古島では星空を綺麗に見ることができるので、連れて行ってあげたりして非日常体験を味わってもらうことができます。

宮古島に移住して気になった点

僕個人として、宮古島に移住した際の大きなデメリットは、フリーで仕事をしていることもあり、東京でしていた仕事を手放すことになったことです。この点に関してはものすごく悩みました。リモートでお仕事をされている方やネット上でお仕事をされている方には、特に気にならない点だと思います。

宮古島移住で気になった点↓

・食に飽きる
・購入した物が届くのが遅い
・パソコンで作業できる場所がない
・四季がなくなる・山がない
・コミュニティが狭い

これらは全て、東京近辺のなんでも揃っている地域で過ごしていたため、不便に感じてしまったことなのかなと思います。

食に飽きる

宮古島には飲食店も充実していますし、食には困りません。
美味しいお店ばかりですし、沖縄料理も個人的にはすごく好きです。

しかし、ふとした時に「あれが食べたい」となります。僕の場合、ラーメンが好きなのでいつも食べていた”あの味”が食べたくなることがよくありました。

島ならではの見たことない食べ物もいくつかあるので、新たな発見があるのはおもしろいです。

購入した物が届くのが遅い

Amazonやネットで注文したものは届くのが1週間から3週間ほどかかる場合があります。
本土では、翌日届くことも多いのでかなり遅く感じてしまいました。

僕の場合カメラの機材を購入することが多々あるので、この点に関しては悩むところでした。

パソコンを作業できる場所がない

移住を考えている人は、パソコンでお仕事をされている方も多いと思います。
僕もその1人。基本的には家で作業するのですが、たまに気分転換でカフェや家の外で作業するのが日課です。しかし宮古島にはカフェは多いのですが、観光者向けのカフェが多く、コンセント付きでWiFiが通っているというカフェがほとんどありません。(スターバックスやタリーズコーヒーのような)

最近ではコアワーキングスペースもできたのですが、作業ができるカフェが今後もできると嬉しいなと思います。

四季がなくなる・山がない

「海が大好きだから」と言って移住した僕ですが、海だけではなく自然が大好きです。
綺麗な海に毎日のような飛び込めることに飽きはしませんでしたが、四季がないことには正直、物足りなさを感じました。写真を撮る人間として、春夏秋冬がないことはとても寂しいことです。

特に紅葉、雪とは無縁になります。
日本の特徴である四季。宮古島に来て、その美しさを再認識しました。

また、宮古島には山がありません。普通の人からしたら気にならないかもしれませんが、山登りが好きな僕にとって物足りなさを感じてしまうポイントの一つでした。

コミュニティが狭い

島ではコミュニティが狭い分、噂がすぐに広まります。とんでもないスピードです。
誰かが評判が悪くなることをしていたりするとすぐに広まり、生活しずらくなるということもあるみたいです。この点が島や地方ならではのストレスが生まれる部分だと感じました。

まとめ

宮古島にある東洋一美しいビーチ・与那覇前浜ビーチ

この記事を読んで下さった方は冒頭でも書いたように、宮古島移住や地方移住、その他島への移住を検討している方が多いと思います。

悩んでいる方がいたら、僕は全力で移住をおすすめします。
もちろんデメリットもあるのですがメリットの方が大きいのではないかと思うので。

僕は自信を持って、あの時移住して良かったと言えます。